2013年05月06日

れん、本当にごめん!

5月4日、四男と新舞子へ遊びに行った。

さあお昼ご飯だと弁当をひろげたその時、焼き鳥を串ごと飲み込んでしまった。あわてて吐かせようしたけど時遅し・・・本当に私の不注意。

急いで名古屋に戻り獣医さんへ・・でもレントゲンに竹串が映らないということで設備の整った松波病院へと。すぐに全身麻酔をかけ内視鏡で摘出するとのこと・・それで駄目なら開腹。

19時ごろ電話があり上手く取り出せたと連絡をもらいほっとして病院へ7センチぐらいの竹串が二つ折りで入っていた。よかった~もし串が胃壁や腸壁を破ってしまったらと思うと・・・・。

今晩は連れて帰れないということで一目四男に会ってから帰ろう・・・それが大きな失敗、麻酔から覚めた四男がなんとも言えない声で私達に訴えかけてきた。「お父さん、お母さん早く連れて帰って!」と言っているようで後ろ髪ひかれながら帰宅しました。あくる日朝一で迎えに行った言うまでもありません。

今はすっかり元気で甘えまくっています。

ただ心配なことが発覚・・・心臓にわずかながら雑音が・・覚悟してた事なんですが、いよいよ来たか~
これから掛かり付けの先生と相談して投薬の時期を考えます。

松波病院の先生、また紹介してくださった太一病院の先生本当にありがとうございました。
ちなみに掛かり付けは松波病院の200mぐらいの瑞穂病院(4日は休みでした)なんですW.

        応援クリックお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。